===お知らせ===
ロケットの実験映像などはSNS株式会社のサイトwww.snskk.comにてご覧ください。
また、アメブロも併用していた時期があるので、そちらもあわせてどうぞ。
北海道でロケットエンジンを開発するエンジニアのアメブロ

スポンサーサイト

  • 2012.04.01 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


牧野機械設計という屋号

Apr. 1,2012(Sun)

普段、ロケット関係の仕事をする時は”牧野機械設計”の屋号で取引などしております。
どこかでこの名前を見かけたらHomebrew Rocket Workshopの中の人のことだと気づいてもらえると嬉しいかもです。

開発コンセプト2012

Mar. 21, 2012 (Wed) JST

工房を立ち上げてから6年が過ぎ、コンセプトとかやってることとかも変わってきたので、再度整理してみる。

・扱いやすい燃料と酸化剤を用いる。
・サウンディングロケットや軌道投入ランチャーの実用に耐えるエンジンに。
・ロバストで扱いやすく。
・可能な限り安価で簡素な構造。
続きを読む >>

小型ロケットエンジンで大変なコト

19/Jan/09 (Mon) JST

もはや何度線を引き直したか解らなくなってるが、小型の液体ロケットエンジンの設計&製作で大変なことなどを2つほど。

・重量の問題
 これってロケットには共通の課題なんだけど、小型になるほど辛くなってくる。
 チャンバーやタンクはまだしも、バルブや継ぎ手が大問題。
 大きいロケットをそのまま小さくしてもダメってことだやね。

・加工&構造の問題
 推力が小さいってことはそれだけ推進剤流量も小さいってことなので、インジェクタのオリフィス断面積の小ささが問題になってくる。加工の精度も。
 なので、小さいエンジンでも成立する構造を考えなきゃいけない。
 これ、以外と大問題。

液体燃料ロケットって大型化については研究&開発されているんだけど、小型化って世間的にはあんまり意識されていない。
だからこそ面白いのだ。

Yuri's Night party holding this weekend!

JUGEMテーマ:イベント情報


6/Apr/2008 (Sun) JST

Yuri's Night party holding this weekend!
Why don't you join us!!

Date: 12/Apr (SAT)
Place: NIHON MIRAI-KAN
Check this site!
http://yurisnight-tokyo.net/


宇宙へとどくロケット

30/Jan/08(Wed) JST

 地吹雪が吹き大地が凍りつく。やはり雪があってこそ冬らしい。

 しばらくは作業場に立てない日々。だからどこでもできる計算をやる。
 ケロシン/液酸の3段式なら25トンのロケットで200kgを軌道に上げられる。道路を走っている一番大きなタンクローリがこのくらいの重量&サイズ。人が宇宙服を着るとやはり200kgぐらい。タンクローリーを縦にすれば人一人を宇宙まで上げられる。そう思えば宇宙へとどくロケットも現実感を帯びてくる。
 この計算はかなり悪く見積もっている。世間のロケットはこれより遥かに効率がいい。そして技術的には後を追うものの利もある。

 モチベーションさえあれば必ず作れるさ。

Spark!!

23/Nov/2007(Fri)
Spark1!
昨日に続き点火プラグまわりを作ってた。
通電時間と周波数を調整したら6V駆動でもこんなにイイ火花がでるように。

おかげでほんのりオゾンの香りがするほど。。。



燃料としてのエチルアルコール

Nov 16, 2007

国内において非課税でエタノールを販売するにあたり飲めなくするためには、
 メタノール
 IPA(イソプロピルアルコール)
 1-プロパノール(n-プロピルアルコール)
 MEK(メチルエチルケトン)
 ビトレックス(デナトニウムベンゾエート)
なんかを混ぜているらしい(2種類以上)。
MSDSを見る限りどれも毒性とか環境影響は強くないみたい。

でもビトレックスは芳香族化合物。混入量は数10ppmと少ないけれど温度が上がると堆積物を生じそうなので避けておきたい。
メタノールは混入量が多いと熱量が大きく下がるので、これもまた避けたいな、と。
他はあまり悪さをしなさそう。

と探していると、エコノールHなんて商品がありました。
混ぜ物がIPA,1-プロパノールなので具合が良さそう。
なんとなく環境にも良さそうな名前だし!

#っていつも最後は非科学的なオチな気がする。。。

30分くっきんぐ

片パス1どこのホームセンターにも片パスが売ってなかったので作ってみた。
続きを読む >>

機材などなど

12/Nov/2007(Mon)

寒さに負けて引き上げ際に、作業場の機材を撮ってみた。
旋盤まずは一番の大物”旋盤”
中古工作機屋さんで買ったもの。
削り出して穴空けてネジ切りまで大活躍。

1m旋盤という大きさだそうで。

続きを読む >>

実用につながるエンジンを

5/Nov/2007 (Mon)
ということで、今ゴニョゴニョやってるのは
・これまで通りプロパン&airのイグナイタトーチ
 ただしスパークプラグに替えたり混合の方法を工夫して繰り返し確実な始動ができるように
 それで後々GOXに切り替え
で、その後は
・炭化水素系orアルコール系液体燃料とGOX
 もちろん繰り返し始動できるモノ
で50Nぐらいの小型エンジンを。

将来的にRCSに使えるモノを想定して進めることにしました。
使い道が見えてる方がモチベーションも上がるってもんなので。

concept
工房で作るエンジンのコンセプトについてはこちらをご覧ください。
categories
selected entries
Photo albums & links
お薦めの本,DVD
archives
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
recent comment
recent trackback
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links