===お知らせ===
ロケットの実験映像などはSNS株式会社のサイトwww.snskk.comにてご覧ください。
また、アメブロも併用していた時期があるので、そちらもあわせてどうぞ。
北海道でロケットエンジンを開発するエンジニアのアメブロ
<< Oshkoshの写真達 | main | 材料屋さん >>

スポンサーサイト

  • 2012.04.01 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


電力ってやつは。。

 電力会社から買える電力には大きく分けて2種類あることをご存知でしょうか。単相と三相がその2つ。
 普通にコンセントで使ってるのが単相100Vで、今時のIHなんかで使われてるのが単相200V。今時の建物には元々単相三線式という形で引き込まれているので、単相100V,200Vは簡単に併用できる。
 三相200Vを使おうとすると、別途引き込まなければいけなくて基本的に一本の引き込みで単相と三相両方を使うことはできない。
 ところが昔(もうそう言ってもいいでしょ)のモーターを使った機械には三相200Vを必要とする物が非常に多い。当時はこの方がモーターの構造が単純になり効率もよかったから。
 だから中古加工機を買い付けにいくと、置いてある機械のほとんどが三相200V用だったりする。でも今安く買える性能の良い機器は単相100Vか200V。半自動溶接機とかね。

 ってことで悩んだ結果、安く買える中古旋盤、フライス盤は諦めて単相で電力を引き込むことに決定。来週工事の予定。

余談:
 安く買ってきた中古旋盤やフライス盤もモーターを今時の単相の物に換えてやれば使えるんだけど、、、時間を使うのはそこじゃないなって思ったんで。
 あと、三相から単相を作って使うのは本位じゃないんでやらない。自分が電力会社だったら嫌だと思うから。高圧で引き込んでトランス置けって?うちは工房であって工場じゃぁないっす(^^;

#風邪引いたり実家へ行ったりで何にも進んでない10日ほどでした。まあそんなこともあるって ;-p

スポンサーサイト

  • 2012.04.01 Sunday
  • -
  • 22:34
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
旋盤の種類
旋盤の種類・普通旋盤 (Engine lathe) もっとも標準的な旋盤。 ・卓上旋盤 (Bench lathe) 小型の旋盤であり、作業台などの上に据え付けて使用される。 「ベンチレース」とも呼ばれる。 ・正面旋盤 (Face lathe) 比較的大型の主軸が作業者の正面を向いた旋盤。 ・
  • CAD(キャド)/CAM/NC/旋盤機械情報
  • 2006/11/08 7:03 PM
concept
工房で作るエンジンのコンセプトについてはこちらをご覧ください。
categories
selected entries
Photo albums & links
お薦めの本,DVD
archives
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
recent comment
recent trackback
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links