===お知らせ===
ロケットの実験映像などはSNS株式会社のサイトwww.snskk.comにてご覧ください。
また、アメブロも併用していた時期があるので、そちらもあわせてどうぞ。
北海道でロケットエンジンを開発するエンジニアのアメブロ
<< WilliamsのKERS | main | 雪もやんで >>

スポンサーサイト

  • 2012.04.01 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


小型ロケットエンジンで大変なコト

19/Jan/09 (Mon) JST

もはや何度線を引き直したか解らなくなってるが、小型の液体ロケットエンジンの設計&製作で大変なことなどを2つほど。

・重量の問題
 これってロケットには共通の課題なんだけど、小型になるほど辛くなってくる。
 チャンバーやタンクはまだしも、バルブや継ぎ手が大問題。
 大きいロケットをそのまま小さくしてもダメってことだやね。

・加工&構造の問題
 推力が小さいってことはそれだけ推進剤流量も小さいってことなので、インジェクタのオリフィス断面積の小ささが問題になってくる。加工の精度も。
 なので、小さいエンジンでも成立する構造を考えなきゃいけない。
 これ、以外と大問題。

液体燃料ロケットって大型化については研究&開発されているんだけど、小型化って世間的にはあんまり意識されていない。
だからこそ面白いのだ。

スポンサーサイト

  • 2012.04.01 Sunday
  • -
  • 19:32
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
私にとっては、問題点がなんか分かったような、分からないような、、、。
  • kathy (trial name)
  • 2009/01/20 1:44 AM
>Kathyさん
まあ、超小型ロケットの場合、大型ロケットの資料なんかがそのまま参考にはならんってことですわね。
ほら、鳥と昆虫じゃかなり違う方法で飛んでるじゃない。それと似たような感じかな

ってかKathyもいいけどKatieでもいいかなぁと思ってみたり。
  • kzmakino
  • 2009/01/20 1:43 PM
米国では直径66mmのアマチュア用液体燃料ロケット完全キットSS67−Bが、988ドルで売られています、50%過酸化水素水、レギュラーガソリンをドライアイスの炭酸ガスで加圧、再生冷却方式で高度1500m、3060Ns、燃焼室温度400度、圧力450kパスカル、排気ガス速度マッハ1.82、電気点火装置付属、組み立て簡単、海外への注文受けます
  • 趣味は液体燃料ロケット打ち上げ
  • 2009/01/21 2:08 PM
>趣味は液体燃料ロケット打ち上げさん
以前、知人らとSS67-Bを発注しましたが、残念ながら先方都合で取引が中断しました。理由は定かでないですが、先方が輸出に必要な書類を揃えられなかったのではないかと思っています。
とはいえ大学で購入した例があるとも人づてに聞いていますので、きっと手を尽くせば買うこともできるのでしょう。

まあ、私は買うより作る方が楽しいのでやってるんですけどね。
  • kzmakino
  • 2009/01/21 5:12 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
concept
工房で作るエンジンのコンセプトについてはこちらをご覧ください。
categories
selected entries
Photo albums & links
お薦めの本,DVD
archives
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
recent comment
recent trackback
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links